10
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
カブクワ飼育を続けるか、いっそ撤退するか、悩む日々ですが、今いる個体達は飼育をしないと。

成虫達は多数☆になっていたので、幼虫達は怖くて様子を見ていません。

しかし、続けるにしても、止めるにしても、マットや菌糸の交換は行わないといけませんよね。

その幼虫達の中で、昨年12月に割り出しをして、そのまま放置のギラファがいます。

半分以上諦めモードで、飼育瓶を暴いていく。

なんと!

小さいながらも、生きています。



girafa0505-1.jpg


2割程、落ちてはいましたが、気を遣って飼育してもその位は落ちていくもの。

この生命力には驚かされます。

しかし、この強い生命力には救われますね。

周りを見ても、私的にも明るい話題が少ない中、元気に生きている小さいな個体は、僅かながら光明が射している気がしますよ。

まだまだカブクワ飼育をしても良いのかな?

カブクワ飼育に対して、折れそうな心でしたが、ギリギリの線で繋がりそうです。

ところで、このギラファはマットと菌糸に分けて飼育していました。

成長の度合いを見る実験でしたが、こんな具合です。




girafa0505-2.jpg




左が菌糸で、右がマット。

個体差もあると思いますが、大体こんな感じです。

やはり菌糸の方が良いのかな?

ついでに、国産カブト幼虫達のマットも交換。

こちらは、多頭飼育で放置しても勝手に育っていきます。

安心して見る事が出来ますが、さてどうかな?




kokukabu0505-1.jpg



予想通り、みんな元気でした。




kokukabu0505-2.jpg



どの個体もプリップリッ。

国産カブトは楽で良いですね。(^^)

夏になると、数ペア残し、近所や知り合いの子供達の元へ行きます。

それまで元気に育ってね~~。











よろしければポチッとお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村













スポンサーサイト
2011.05.05 Thu l クワガタ l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

確かに
全部☆だと折れちゃいますよね。
私も、かなり放置してて、昨年奮発して購入してペアから幼虫とったキルクネリシスなんか3割以上☆になっててかなりへこんだ・・。

まあほちぼちやれる範囲でという感じでいいのでは・・。

2011.05.05 Thu l 風見. URL l 編集
風見さん
オオクワ成虫達がかなり☆になっていたので、ドキドキしながらの確認でした。
でも、生きていて本当にうれしかったですね~。
まだギラファだからいいですが、レアな種だったら緊張の一瞬になります。

風見さんはレア種も多いから、かなり気を遣うでしょう?!
3割以上☆になると、凹みますね・・・。

2011.05.05 Thu l ねおくり. URL l 編集
こんばんわ(゚▽゚*)♪
幼虫たちが生きていて本当に良かったですね><
国産カブトの幼虫たちからも元気が伝わってきます^^

自分は飼育スペースの問題もありますが、国産カブトは毎年ブリ、クワガタは1年に1種に絞り毎年1セットのみでやっています^^
1度だけオオクワとサキシマを1セットづつの合計2セット組んだことがあるのですが、そのときはオオクワが産卵失敗で結局1セットと変わらない状態でした^^;
やはり飼育をすることが負担になってしまうと、人にも虫にも良くないので、自分はこんな感じでのんびりやっております
o(*^▽^*)oエヘヘ!

それと先日の記事に登場していたミドリガメ、甲羅がすごくきれいですね!
自分の家にもカメ太という名前のクサガメがいます。
新しい仲間にミドリガメかニホンイシガメあたりどうかな~、なんてたまに考えてたりしてます^^
2011.05.06 Fri l KING-T. URL l 編集
KING-Tさん
完全放置だったので、生きていてくれたのが本当にうれしいです。
(成虫達は相当数、☆になってしまってますが・・・)

私はセットの空振りが怖いので、毎年数セットは組んでます。
でも、期待通りにはなかなかいきませんね。
採れ過ぎる場合や完全にボウズの場合など、意に反する事ばかりです。
今年は余裕が無いので、絞りこんでやりますよ。

ミドリガメは2匹とも14~15センチくらいの大きさです。
その為、甲羅の模様もハッキリ見えて良く見えるのかもしれませんね。
あと、クサガメも1匹いますが、こちらはまだ小さいので、模様がまだまだですね~~。
私もイシガメが欲しいのですよ~。
でも、イシガメはレアな種になってしまってます。
日本イシガメは貴重な亀さんですね。
2011.05.06 Fri l ねおくり. URL l 編集
 

コメントの投稿












 

トラックバック

トラックバック URL
http://kurineo.blog53.fc2.com/tb.php/587-f9f91eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)