10
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
16
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
昨日は鮭が上流のどこまで来ているかを確認できなかったので、今日はリベンジポタです。




cpota1026-1.jpg






ボーダーラインを確認する前にまずは鮭を確認しておかないと。

昨日、鮭を観察しているときに、地元のおじさんから鮭が賑わっている場所を教えてもらったので、まずはそちらへ。





cpota1026-2.jpg





おお~~確かにいそうな感じ。





cpota1026-3.jpg





いたいた。

画像だと分かり難いですが、20~30匹は泳いでますよ。(^^)

もっと下流に行けば、増えてくるかな~?とだんだん下がっていきます。







cpota1026-4.jpg






うん、遠目に見ても大きな魚影が見えます。

鮭または鱒でしょうね。
(鮭の確率が高いと思いますけど)





cpota1026-5.jpg





ありゃ~川沿いを下っているうちに海まで来てしまった。
(どれだけ暇人なんだと言われそう・・・(笑))





cpota1026-6.jpg




今日の海はまた良いですね~。

波も穏やかだし、空気もすっきり。

沖の方には能登半島が見れますよ。





cpota1026-7.jpg





海に注ぎ込んでいる小さな川にも鮭の姿が。

今が遡上のピークなんでしょうね。

富山県内の何処の河川に行っても見れるのではないでしょうか?





cpota1026-8.jpg






釣りをされている方も、もちろんいますが、好天のわりには少ないですね。

会社の同僚の話では、アオリイカに限った場合は、漁港などの港内の方が釣れると言ってました。

皆さん、各漁港に行ってるのですかね~。





cpota1026-9.jpg





と、海まで来てしまいましたが、今日の目的は鮭遡上のボーダーラインの確認。

再び上流を目指します。





cpota1026-11.jpg






ひたすらペダルを漕ぎまくり、鮭がいそうな場所をチェックしていくと~。

ありました。

段差があり、ここより上流は川底に石が少ない所が続いている。

こちらより上には生きている鮭どころか、死骸もありません。

この段差のところで、死骸が数匹あるので、ここより下流で産卵しているのではないでしょうか?




cpota1026-12.jpg





この急流を頑張ってここまで来たのですね・・・。

凄いです。

自転車でも登り坂はペダルを漕ぎまくるので、止まったら上がれない。

急流の川も同じでしょう。

海から帰ってくる魚達は偉いです!!

そんな尊敬の念も持ちつつ、私的ボーダーラインを確認出来たので、今日の目的は達成です。





cpota1026-10.jpg






落ち葉の舞い散る、道を走り、ちょっと休憩してから帰宅。

今日も十分に自転車を満喫しました。











よろしければポチッとお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多種飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.10.26 Sun l 生き物 l コメント (10) l top

コメント

こんばんは^^
鮭の本能ってすごいですね~!
どうやって産まれた場所を特定しているんでしょう?
捕獲できないようにしているなら上がれるように
段差をなくすような工夫がほしいですよね!!!
2014.10.26 Sun l ★かぶ☆. URL l 編集
川を覗いて、鮭が見えるのはすごいですね。
2014.10.27 Mon l さかな. URL l 編集
No title
鮭と言えば、秋鮭!!
北海道では『アキアジ』って言うそうですネ。
2014.10.28 Tue l 【夢創】. URL l 編集
こんばんは
実際に遡上している鮭を見たことがないので
新鮮ですね^^
産卵のために上ってくるのは凄い本能ですよね。
頑張ってたくさん産んでほしいです^^
2014.10.28 Tue l かっつ. URL l 編集
すごいですねっ!!
なかなか見られる光景ではないですよね。
それが普通にとは、すばらしいことですね♪

その行動力というか、移動距離というか、ぽた力もすごいですね(^^)

週末、楽しまれてください。
ご報告、楽しみにしています(^^)
2014.10.30 Thu l MINAMI. URL l 編集
かぶさん
鮭もそうですが、戻ってくる生き物は凄いと思います。
帰巣本能というのか、戻ってこれるのは信じられませんね。

漁協が親鮭から卵を捕り孵化させ、稚魚を育てまた放流するというのが流れになってます。
遡上できるように魚道もあるのですが、全数行けるわけではないようですね・・・。
2014.10.31 Fri l ねおくり. URL l 編集
さかなさん
浅瀬の川だと良く見ることが出来ます。
11月の中旬くらいまで見ることが出来るかもしれません。
2014.10.31 Fri l ねおくり. URL l 編集
夢創さん
鮭と言えば秋ですね。
北海道だと熊が捕っているイメージが強いかも。
遡上している風景は秋ならではですね。
2014.10.31 Fri l ねおくり. URL l 編集
かっつさん
かっつさんの所では見れませんか?
(多数いそうなイメージがありました)
産卵の為にある意味命懸けで遡上してきます。
産卵を終えると、一生も終える感じ。
貴重な命のバトンリレーですね。
2014.10.31 Fri l ねおくり. URL l 編集
MINAMIさん
こちらでは当たり前の光景なんですが~。
所変われば~というやつですかね。

ポタ力と言いますか、自転車に乗って生き物ウォッチングが一番の気分転換であり、癒しの時間なんですよね。
週末に晴れれば、活動したくて~。
ちょっとでも時間が取れれば、ポタしてます。(^^)


2014.10.31 Fri l ねおくり. URL l 編集
 

コメントの投稿