悔しいので

魚つかみ取りの結果が思わしくなかったので、リベンジに燃えている私と子供達。


不完全燃焼の気持ちを払拭すべく、夕方から釣りへ行ってきました。


場所は、毎度の石田フィッシャーリーナ。


そろそろアオリイカも上がり始めていると聞いていたので、イカ狙いかとも思ったのですが、やはり魚がとりたいので、アジ釣りに。


サビキで、糸を垂らしてみましたが、全然アタリはきません。


う~ん、どうもポイントが悪いのか。


場所を変えようかとも思ったのですが、まわりの方々を見ても、似たようなもの。


もうしばらく粘ってみる事にしました。


すると、長男に最初のアジが。


コアジですが、取り敢えず1匹ゲット。


そのうち私も釣れだして、まずまずの釣果にはなってきました。


これでなんとか今日の魚釣りは良い結果になりそうでしたが、余計な外道が。


昨年も刺された、ハオコゼです。


チッと舌打ちしながら、糸から外そうとすると暴れだして、またしても、ブスッと左人差し指をやられました。


血がタラ~リと滴りだし、激痛が。

(ホントに痛いです)


クゥ~いたたたた、と唸りながら毒を抜く為に指から血を絞り出し、手洗い所で指された個所の洗浄。


これが良かったのか、1時間ほどで痛みは治まってきました。

(昨年は半日痛かったです)


痛みが無くなってきたので、カットバンを指に貼り、釣りを続行。


結果、私と子供で計アジ15匹でした。



久々だし、こんなもんでしょう。


ハオコゼは予想外でしたが、リベンジは果たしたかな。



スポンサーサイト

魚つかみどり

昨日の天気とは、うって変わって今日は朝から快晴。


8月最後の日を好天にしてくれました。


そんな好天の日、黒部市の某所で魚のつかみどりが催されているので行ってきました。


ニジマス、イワナがメインですが、ウナギも少数います。




スタートの合図と同時に子供達が一斉に魚を追いかけ始めました。


魚も必死に逃げるので、そう簡単には捕まえる事ができません。


しかも、放されている魚達よりも人の数の方が圧倒的に多い感じ。




家の子供も全然ダメな様子です。


他の子達が数匹捕まえる中、長男がようやくニジマスを1匹ゲット。


そして、大人も入水可の合図がかかり、私も水の中へ。


でも、この時間帯ではもう魚はほとんどいません。


結局、我が家は長男のニジマス1匹だけでした。(TT)


夕飯のおかずにはちょっと寂しいですね。


誰のお腹におさまるのかな~。




これって?

今の時期は、今夏、卵から孵化した幼虫達が活動する時期ですね。


我が家の国産カブトや国産オオクワの幼虫達も数は少ないですが、卵から孵り、活動しています。


庭には、先に書いた蝶の幼虫(アオムシ)も活動してますし、次世代の生き物が懸命に生きている感じがします。


そして、玄関先にも幼虫が。


毎年見かける幼虫ですが、これって何の幼虫でしょう?




蛾の幼虫だと思うのですが、実際に見たわけではないので、分りません。


飼育して孵化させてみるのが一番でしょうが、ちょっと飼育する気にはなりませんし・・・。


まあ、いつかは分る日もくるでしょう。


庭には他にコオロギなどの秋の虫達の姿も見えてきてます。


夜になると、虫達の合唱も聞こえるようになりました。


季節は確実に秋になってきてますね。



捕食

今、家には長女が植えたキュウリがあります。


私は週末になると、育ち具合を見てますが、今日見ると花が咲いてきており、順調にそだってきてるように見えました。


葉っぱの大きさも見ていると、ハチが飛んで来て葉っぱの後ろから何やらひきずってきました。


よ~く見ると、アオムシ?でしょうか。


近くにはモンシロチョウも飛んでいるので、有り得るとは思います。


このアオムシ、助けてあげようかとも思いましたが、自然界の出来事。


ハチにも都合があるでしょうから、黙認する事に。


ちょっと間眺めていましたが、画像を撮ってから、見るのをやめました。


自然界には捕食されるもの、捕食するものがあります。


身近な所で、自然の一部を垣間見た気がします。


カブトムシやクワガタの餌がゼリーで良かった。


生餌だったら、準備するのも大変だし、色々と葛藤もありそうですしね。




届きました

先日(8月17日)の日記で、嫁の大阪の友人の事について書いていました。

その時に、向こうの知人にクワガタを飼育している人がいるので、色々と聞いてみると言ってくれていました。

お盆休み明けに向こうに戻り、実際に話をされてくれたみたいです。

それで、「富山にもクワ飼育されている方がいて」など云々を話されたみたいで、ではオオクワを差し上げましょうか?という展開になったという事。

今週中ごろにその旨の電話があり、週末にお送りしますよと連絡がありました。

それが、今日届きました。(^^)

滋賀県大津市産 オオクワペア ♂約60ミリ、♀約40ミリ 。





滋賀県産オオクワは初めて見ましたが、なかなか見事な個体です。

今年の6月~7月羽化という事ですので、ブリは来年という事になりますね。

来年に向けて楽しみが増えました。

それにしても、この方は飼育歴が長いうえに、この個体は自己採集した個体から累代していったとの事です。

すごいブリーダーの方ですね。

実験

自由研究の総仕上げに入っている長女。


色々と結果をまとめていますが、まだまだ内容が不足している感じです。


カニやエビとの違いや、何を食べるかなどを書いていますが、どうも内容が不十分。


そこで、「当たり前の事でもやってみるのも、研究だぞ」と私。


「たとえば、飼育ケースに砂利を敷いてるけど、他のものはどうなんだ?」


と、提案してみると。


「じゃあ、やってみる」と長女。


何を使うのか見ていると、家にハムちゃんがいるので、まずはハムスター用のマット。


それから、私のカブ用のマットが目に入ったようで、こっちも使って見るとの事。


で、実際に飼育ケースに詰めて見た感じがこの画像。



左から、カブ用マット、ハムスター用マット、ヤドカリ用の通常の砂利。


この中に3匹のヤドカリを放してみました。


結果、カブ用マットに1匹、砂利に2匹が移動。


まだ長時間入れている訳ではありませんが、ハムちゃんマット以外は気に入っている様子です。


一応、自由研究の項目のひとつにはなったかな。





今日も

今日も朝から、昨日の続き。


夏休みの宿題です。


応募作品のテーマを決め、開始。


最後の追い込みですが、無事に終わるのかどうか・・・。


子供に宿題をやらせている間、私はクワ弄り。


今頃になって羽化してきているオオクワがいます。

(まだ幼虫をやってるのもいますが)


昨年の10月に割り出しをしたものですが、確認出来るもので4本の菌糸瓶がありました。


でもって個体の確認。


まず1本目。


約60ミリの♂です。



羽に少々シワがありますが、まあOKでしょう。


続いて2本目。


・・・・・蛹の状態で☆でした。


ちなみに同じような大きさの♂です。


3本目。


約65ミリの♂。


今度は完品です。(^^)



そして最後の4本目。


オオアゴが見えたので、♂だと分りました。


大きさを計ろうと、掘り出してみると・・・。


羽がドッカーン。


見事な羽パカ。


しかも外羽に穴も開いています。


画像を残す気にもならないので、控えます。


それにしても、4本全部♂とはね~。


時間が掛っているものは、♂という事かな。






夏も終わりになってくると

8月も後半。


夏も終わりに近づいてきてますね~。


夏が終わりにきているという事は、夏休みも終わりにきている。


夏休みの終わりと言えば、”宿題”。


私自身もそうでしたが、この時期なってくると溜まっている宿題に追われてんてこ舞いになってました。


子供も私と同じようです。

(やっぱり親子ですね~)


8月28日、29日は登校日になっており、この時出来ている宿題は持っていくらしい。


となると、私が手伝える土日は今日明日のみ。


という事で、朝から宿題を仕上げる為に、怒鳴りまくり。

(怒鳴るくらいでないと、一向に進まないのです)


長女の方はあらかた終わっており、自由研究の総仕上げと作品応募一点のみ。


こちらは、まあメドがついてます。


問題は長男の方。


ドリル関係は終わってますが、自由研究も作品応募も全然。


まだ、テーマも決まっていない作品もある様子。


小学5年ともなると、安易な感じにもできませんし、頭が痛いところです。


取り敢えずテーマを決めさせ、必要な画材などの準備。

(四つ切の画用紙やらケント紙やら)


自由研究で不足している情報集めに図書館にも行かなければいけません。

(ネットで調べても良いですが、出来る限り自分でやらせたいので)


もう朝からバタバタしっぱなしでした。


明日もこの調子なりそうです。


まあ、夏と言えばこういう光景も風物詩かもしれませんがね~。


明日も頑張らないと。


画像は、図書館の帰りに寄った場所。


富山県は水が豊富ですが、この場所は”黒部川扇状地湧水群”と呼ばれる湧水が出ている所。


冷たくて美味しい水が飲めます。

(もちろん無料です)


この水を飲んで気分転換し、宿題に追い込みをかけました。





あれっ

昨年は、100頭超の幼虫がとれた国産カブ。


今年は、抑えようと加減してセットを組んでいました。


それで、今日セット見たのですが。


結果は初令幼虫が7頭と卵が数個。


卵を入れても、10頭ちょっとしかいません。


あれれれ~~。


大失敗です。(TT)


採れ過ぎが困ると思い、加減していたら、このざま。


うまくいかないもんですね~。


ちょっと少ないので、再度セットを組んでみますが、♂♀とも弱ってきているので、これ以上望めないような・・・。


これで終わってしまうのは、寂しいですね。


国産カブトをいえど、もうちょっと真剣にすれば良かったですよ。


生き物は難しいです。




休みも終わりですね

午後から、帰省している嫁の友達が遊びに来るらしく、嫁はいつもよりも丁寧に掃除をして楽しみに待っています。


私はいてもしょうがないので、出掛ける事にしました。


最近、ゆっくりと本屋へ行ってないので、一人で本屋へ。


雑誌や文庫などを見てまわっていたら、新たな発見が。


漫画文庫というものは、前からありますが、今は夏目漱石や芥川龍之介の作品も漫画になってました。


本についている帯には、”劇団ひとり”のコメが書かれています。


パラパラとめくってみたら、意外に読みやすそうなので買ってみることに。


”こころ”を買いました。


高校の時に読んだ事がありましたが、イマイチ記憶に残っていなかったので、あらためて読んでみたかったのです。


その後、フラッと海へ行ったりして、時間潰しをし、2時間程経ったので帰りました。


友達はもう帰られたかな~家に入ってみると、まだ話の真っ最中。


1年ぶりなので、積もる話もあるようですね。


私も知らない訳ではないの、話にいれてもらいました。


大阪へ行ったので、言葉があちら風になっています。


この人からは富山弁しか聞いた事が無かったので、少々違和感がありますが、関西弁は好きなのでなんか楽しいです。


しゃべっているいうちに、我が家のカブクワ話に。

(玄関やら車庫やらに飼育ケースが置いてあるので、嫌でも、目に付くようですね)


色々と今まで経緯を話ているうちに、大阪の知り合いにも似たような方がいらっしゃるとの事。


オオクワを少々飼育されている方らしく、大阪に帰ったら詳しい情報を聞いてみるとの事。


うまくいけば、新たなクワ友が増えそうです。(^^)


嫁の友達から意外な展開になりましたが、お盆休み最後の日に良い事があったような気がします。


憂鬱ですが、明日から、また皆さん頑張りましょうね。


画像は関係ないですが、庭のひまわり。


過ぎ行く夏の間、しっかりと咲いていて欲しいです。










なんだか

お盆休みも今日で終わりという方は多いかと思います。


私も明日から仕事ですが、憂鬱ですね~。


こちらに帰省されていた方々も、皆さん戻っていかれ、道には車が少なく感じます。





連休の終盤になると毎回思うのですが、なんだか寂しいですよ。


仕事が始まる憂鬱さもありますが、街全体の雰囲気がそういった空気を醸し出しているというか。


でも暗くなっていてもしょうがありません。


秋にはまた細かい連休もありますし、なんとか前向きにやっていきますか。


さて、こちらは昨日から雨で午前中は涼しく過ごし易くなってます。


おそらく気温も25度前後だと感じますね。


動くのも苦にならないので、久々に自転車に乗って散歩しました。


やはり、車の交通量は少ないですが、歩く人も少なく感じます。


やっぱり寂しい気分になってきますね~。


黒部川にさしかかり、川を見ると雨の為か濁って綺麗ではありません。



益々、暗い気分になってしまいます。(TT)


空を見ても、どんよりしてますしね~。


ハァー。


上の画像は山側ですが、今度は海側を。



海へも行く気になりません。


スカッとすることはないでしょうかね~。



某所へ2

土産物を手に舞浜駅から東京駅へ。

東京駅では新幹線まで2時間弱の待ち時間がありましたが、早めの夕食を食べたりして、慌てる事も無く過ごしました。

東京へは実に12,3年ぶりとなりましたが、人の多さは相変わらず。

さすが、東京と言った感じですね。

新幹線を待っていると、反対側のホームにピカチュウが。



今はこんな新幹線もあるのですね。

少々驚きましたが、なんか楽しいです。

帰りの電車(新幹線、特急)では、さすがに疲れてぐったりでしたが、子供達の初の某テーマパークは色んな意味で印象に残ったでしょう。

また次回(いつかは分りませんが)来れたら、今度はもっとファストパスを有効に使い、楽しみたいと思います。

某所へ

今週は何かと忙しく、PCを触るのも久々な感じです。

お盆は掃除やら草むしりやら墓参りやらと色々とやる事が多い上に、14日~15日は1泊2日で某所へ行ったので暇が無かったのですが。

某所はネズミのキャラクターがいるテーマパークの事ですが、私の所からだとちょっと距離があるので旅行になってしまうのです。
(関東にお住まいの方は羨ましいですね)

私自身も数年ぶりですし、シーにいたっては初めてです。

まして、小5の長男と小3の長女はランドもシーも初。






旅行を決めた数ヶ月前から相当に楽しみだったみたいです。

中のアトラクション等については、今更説明をする事も無いと思いますが、やはりそこいらのテーマパークとは規模が違いますね~。

シーも楽しいアトラクションが多く楽しめました。

ただ、敢えて難点というか不満を言えば、皆さんも同じかと思いますが”待ち時間”。

8月中旬の炎天下の中、1時間~2時間待つのはかなり辛いです。

初日は”ファストパス”という物を知らなかったので素直に楽しみたいアトラクションを待っていました。
(知っていても、一人で何枚も持てる物でもありませんが)

閉園時間までいましたが、楽しみたい物全部まわれません。

このあたりを何とかして欲しいものですね。
(子供も途中から待つのは嫌だと言いはじめるし・・・)

初日はシーへ行ったのですが、イ○ディージョ○ンズは予想よりも面白かったですね。
(150分待ちましたが)


2日目はランドへ。

宿泊したホテルで早々に朝食(バイキング)を済ませ、シャトルバスに乗りゴー。

朝の8:30頃に着いたのに、もう凄い人の数。

さすが、日本で一番のテーマパーク。

人出も朝からもの凄いですね。

初日の失敗を教訓に今度は乗りたいアトラクションのファストパスをとっておきました。
(それでも、取れた時間は昼一、皆さんよく知ってますね~)

出来る限り、待ち時間の少ない(30分前後のもの)アトラクションを楽しみながら、ファストパスを取ったビッ○サン○ーマ○ンテンを満喫。

簡単に昼を済ませ、ランド内をウロウロしていたら、時間は良い時間に。
(新幹線の時間があるので、長い間待つアトラクションは無理)

土産物を買わないといけないので、園内のあちこちのショップを巡ってあげる人を思い浮かべながら買い物。
(私は特にあげる人はいませんが、嫁や子供達は色々とあるようでした)

で、土産物を買い込み家路へ。

相当に疲れもしましたが、良い思い出にはなったと思います。

今回、印象に残ったが園内で働いている方々。

皆さん常に笑顔で、親切に対応してくれます。

この辺が一流のテーマパークと言われる証拠でなのだと思います。

リピーターが多いのも頷けますね。




探しに

自由研究をヤドカリに決めたと長女。

川の観察は、アブなどが嫌な為やめるという事です。
(確かに刺されると痛いです)

そんな訳で、海へヤドカリを探しに行きました。

聞いた話によると、○○海岸の波消しブロック付近にいるという事。

車を走らせる事、約20分。

現地へ到着。

海水浴シーズンなので、人は結構います。

海水浴客を尻目に私と長女は捕獲用の網と飼育ケースを持ってヤドカリ探し。

長女は風邪気味の為、今日は泳ぎません。

服を着たまま、波消しブロック付近を探し回りましたが、一向にヤドカリはいません。




8月の日差しは強いので、早々に退散。

熱中症も恐いので一旦帰宅する事にしました。


帰宅してから、もう一度ヤドカリを最近捕まえた人に聞いてみると。

時間は早朝か夕方の方が良いという事。

真昼間に行ったのでは、なかなか出会えないようです。

そして、夕方を待ち、もう一度海へ行こうとすると。

長女は「面倒だから、今日はもう行きたくない」と。

「じゃ、ヤドカリの観察は止めるか?」と聞くと。

「□□ちゃんもヤドカリを飼育していて、買ったって言ってた」と長女。

どうやら、オカヤドカリを飼育してる子がいるようです。

それで、そのヤドカリがいいと長女。

オカヤドカリでもいいけど、地元産の方が自由研究にはいいのに。

でも、やる気になっているのに水を差すのもね。

しょうがないでの、海ではなく、ペットショップへ行きました。

ペットショップでは、1匹120円から売っていました。

で、そのヤドカリを3匹購入。

買うのは想定外でしたが、本人がやる気になっているので良いでしょう。

またしても、飼育種が増えてしまいましたが、結構可愛いです。



予想外


自由研究は

色んな人からの質問はおいといて。

家の子供達は夏休みの真っ只中。

夏休みと言えば、自由研究ですね。

夏休みももう半分くらい終わっています。

子供に進捗状況を聞くと、「・・・」。

まだ二人ともテーマも決まっていない様子です。

何をするのか、したいのか聞いても、特にないようです。

放っておくと、全くしない感じがするので、二人を連れて図書館へ行きました。

簡単に解決するとは思いませんが、何かヒントにはなるでしょう。

図書館には、自由研究のコーナーが設けられており、その関連の本が並んでいました。

長男、長女とも自分の学年に相応しいものを選び、ページをめくっていきました。

私はその間、昆虫図鑑を見たり、また何か質問を受けても良いように、”飼育と観察”をパラパラとめくりました。

パラパラとめくっただけでは頭に入りませんが、身近な生き物はだいたいの様子はわかったような気がします。

子供は二人とも、生き物の観察をしたいと思っているようです。

やはり、生き物の方が楽しいのでしょう。

長男はカエル(アマガエル)の観察。

長女は川の生き物のついて、か、ヤドカリの観察かにするようです。

テーマが決まれば、少しは進むでしょう。

あとは、本人達に出来るとこまでやってもらい、わからないところはフォローしようと思います。

もうすぐお盆。

夏休みも残り少なくなってきますね。

画像は図書館前の光景。

水辺が涼しさを演出してくれてます。




色んな生き物はいますが・・・

我が家にはカブクワ以外に、ジャンガリアンハムスター、金魚、亀などがいます。

時期によっては、ザリガニや熱帯魚(グッピーやネオンテトラなんか)もいたりします。

この為か、生き物の事なら何でも知っている思われ、近所や知り合いから生き物について質問を受ける事が度々あります。

最近では。

「子供と川で遊んでいたら、変な生き物がいたので捕まえてきた」

「これ何か分る?」

近所に住んでいる、男の子とそのお父さん。

飼育ケース小に4分の1程水を入れ、その中に1匹の爬虫類がいました。
(濃い緑の体に金色のスジが数本入っています)

「これは、トカゲ(ニホントカゲ)だと思いますよ」と私。

「ええ~トカゲって茶色じゃなかった?」と持ってきたお父さん。

「これは幼体だから、この色なんでしょう、大きくなったら普通のトカゲになりますよ」

「イモリやサンショウウオじゃないんだから、こんなに水は要らないですよ、陸地がないと・・・」と再び私。

このトカゲ、飼育ケースの側面にへばりついています。

「餌は生餌の方が良いですよ、小さい虫とかね」と私が言うと。

「前にイモリを飼っていて、なんとかワームってやつが有るからそれをやっておきます」とお父さん。

取り敢えず、納得されて帰っていきました。


また、別の日には。

電話がかかってきて。

嫁「○○さん、ヤドカリを捕まえてきたんだって、飼育方法教えてって」

私「はっ?ヤドカリ?知らないなら捕まえてくるなって」

私「だいたい海の生き物は難しいし~」

嫁「なんでもいいから、餌とか入れて置く物とか教えてよ」

私「餌はヤドカリ用の餌がペットショップとかにあるよ、”かっぱえびせん”とかも食べるんじゃなかったかな」

私「あとは砂とか砂利とかあればいいんじゃないか?」

嫁「・・・・・と言う事だって、また何かあったら電話して」

ガチャ。

私「俺は生き物なら何でも知ってる訳じゃないからね、何でも聞かれても困る」

嫁「まあ、いいじゃない、向こうは全く知らないんだし、役にたつのはよい事でしょう」

確かにそうだけどね、でも、いい加減な事は言えんし。
(下手な事を言って、☆にでもなったら、こっちが恨まれるよ)


そして、また別の日には違う方から。

○○さん「子供が金魚すくいをやってきて、金魚の飼育は?」

私「水道水はまずいから、カルキを抜いて・・・・・」

もう、勘弁してくれ~。

そんなに何でも知らないよっ。


そして、今度は子供の友達が。

「カブトムシにスイカってダメなんだよね~?」

「水分が多すぎてダメだな~果物だったらバナナかリンゴにして」

夏の間は皆さん色んな生き物を捕まえたり、飼ったりするのでしょうね。

嬉しいような、困るような~。


そんな様子を知らん顔している、我が家のハムちゃんです。




まだ羽化する個体が

8月に入りましたが、まだ羽化してくる国産種の個体があります。


オオクワガタ。


昨年の秋に割り出しした連中がまだ幼虫や蛹をやっているものがいるのです。


その個体達ですが、今日確認したもので5頭羽化してました。


川西産や元木AKOが主ですが、今年羽化個体は♀が多いです。


5頭中、3頭が♀でした。


今までの割合からいっても、7:3くらいですかね~。

(当然♀が7ですよ)


♂もいますが、羽にディンプルがあるのもいて、手放しでは喜んでいられません。


なかなか良い感じにはいきませんね~。


画像は川西産WE。




午後から

午後からは、気分を変えるべく理髪店にいきサッパリしてきました。

この理髪店は私のカブトを数匹里子に出した所です。

当然、髪を切ってる最中はカブト話ばかり。

終わった後も、飼育中のカブトやケースを見て欲しいと言われるので、見せてもらい、産卵方法などを説明しました。
(本格的にカブトの飼育をしてみたくなったようですね)

順調にいけば、今月末には幼虫の姿が見れるでしょう。

近くにカブト愛好家が出来たようで何だか嬉しいです。

家に帰ってしばらくすると、今度は別の里子に出した方が来られて、やはり産卵方法を教えて欲しいと。

親子でこられて、熱心に聞いていかれました。

今年は皆さん、随分とやる気みたいです。

ムシキングブームは終わってますが、夏はやはり人気がありますね。

子供がいる限り、夏のカブクワブームはこれからも続いていくと感じました。

今も昔もカブトムシ、クワガタムシは子供の人気者です。(^^)

何か気分が良くなってきたので、家のカブクワの様子を見ると、DHオキシの♀が羽化してました。






蛹化してから、約1.5ヶ月掛りました。

時間が掛りましたが、無事に羽化してくれると嬉しいですよ。

外国産の大型カブトは撤退していく予定ですので、ブリードはせず観賞だけとなりますが、長生きしてくれる事を願っています。

その後、夕方から今度は納涼祭へお出掛け。

今日は1日中動き回っていたような感じです。

動き回っている方が気分転換になってるかな~。

海で

今週は仕事上何かとバタバタし、かなり疲れました。
(特に精神的に)

暑い上に、色々とあるのは辛いですね・・・。

まあ、土日の休みはとれるので、何とかなってます。

そんな気分をリフレッシュすべく、カブクワのお世話。

セットを組んであった、ヒルス(ピカリラさん血統)の産卵確認。

・・・ゼロ・・・。

余計にストレスが溜まります・・・。

原因は解明できません、何が悪かったのか???。

たださえ暑い中、この結果は落ち込む一方になりますね。

子供も暑い為、海かプールへ行きたいと言ってきます。

私としては、先日の日焼けが治ったばかりなので、ちょっと遠慮したいところ。

でも、今日は特別暑いしプールはお金が掛る。

私は入らない条件で長女のみを海へ連れて行きました。
(嫁と長男は、やはり日焼けが嫌みたいで、行かないという事)

今度は、自宅からやや近い海岸へ。

ヒスイ海岸ほど、綺麗な海岸ではありませんが、駐車料金もかかりませんし、ちょっとだけなら充分に楽しめます。

8月のわりには空いていて、長女は一人で遊んでいます。

私は、長女の様子を見つつ海岸を散歩。

流木やらゴミなんかが流れ着いてます。

先日の大雨の影響かな?

そんななか、見覚えのある姿が。

国産カブトムシの頭部の死骸が波打ち際にありました。

海にカブトの死骸が???

意外な感じですよ。

過去に海でカブトの死骸を見た事はありません。

自分で飛んできたのか?、カラスにでも捕食され頭部を捨てられたのか?

まだ、家でも国産カブが少々いますが、まさか海にきてまでね~。

カブトムシに縁があるという事かな。



プロフィール

ねおくり

Author:ねおくり
カブクワ、メダカなどのペット飼育、気が向いた時のポタリング、当らない競馬(主にGI)などなど、の休日の出来事を綴っております。
たいした日記ではありませんが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンターオンライン
現在の閲覧者数:
リンク
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード